• pakenta

米の種


ここ数年自分で食べる米の種まきと稲刈りだけですがやっています。お手伝いですがかなりの数の種をまき、苗床を作ります。この1粒1粒が大きくなり穂をつけ、たくさんの人の元へ届きます。

日本での水稲の栽培は縄文時代末期ごろに伝わったそうですが、脈々と今の時代まで続いているのはすごいです。パン食の人もだいぶ増えているようですが、ご飯をたべましょう。

#life

41回の閲覧0件のコメント